SAMPLE LOGO

街づくり写真家 河野達郎



2016年秋 臥龍山荘にて(撮影:土居義樹=SASAGAWA)

プロフィール

 プライベートスナップを趣味にしていたが、独立開業した頃に地元の写真俱楽部「光友会」に入会し、指導を受けながら大洲の風景写真を本格的に撮り始める。自営の傍ら、社団法人大洲青年会議所や大洲商工会議所青年部において街づくりに関わり、このことが現職に繋がる。
 一貫して「肱川」にこだわった風景写真を撮り続けながら、ホームページをプラットフォームにした掲示板やBlog、Twitter、FacebookなどのSNSを通して、写真による地域情報発信と、大洲市の観光集客プロデュースを手がけている。着地型観光や写真を生かした観光まちづくりをテーマにした講師パネリスト出演等多数。還暦を機に写真家及び作家としての活動を本格化させた。2015年12月25日にファインダー越しの地域創生写真集『ひじかわの詩』を株式会社エス・ピー・シーの協力により制作発刊している。
  2014年7月5日に、JR四国が初めて走らせた観光列車「伊予灘ものがたり」の試走の際に、大洲城を背景に鉄橋を渡るシーンを撮影して発表し、同時にJR四国へ提供したことで大きな話題となった。これが「伊予灘ものがたり」ブレイクのきっかけを造り上げたことと、その後の大洲城での旗振りシーンを生み出すなどの現象は、観光まちづくりを目指す大洲市を始めとした地域にとっても、また、JR四国にとっても大きなエネルギーとなった。合わせてこのことが「街づくり写真家」として評価されるポイントとなったが、同時に、関係機関がこうしたきっかけを作った活動をどう理解し、「1枚の写真」の「価値判断」をどうするのかが注目される。
 以来、JR四国の制作する関係グッズ等でも活用されると同時にメディアなどで取り上げられた名場面写真は大きな経済効果を巻き起こしており、代表的な作品写真となる。2016年から「伊予灘ものがたり」のメインポスター写真を担当している。
 なお、2017年2月10日には、(一社)夜景観光コンベンション・ビューロー&KNT-CTホールディングス株式会社が進めている「日本百名月」に、大洲城の満月を撮影した写真、臥龍山荘の中秋の名月を撮影した写真、鵜飼いの屋形船からの満月のシーンを撮影した写真の3点が評価されて認定されている。

JR四国「伊予灘ものがたり」がブレイクするきっかけを作った写真 
  撮影日は2014年7月5日~7日の試走の際に撮影したもので、当時誰一人として撮影していなかったのが印象的だった。大洲らしさを一番表現できるシーンのひとつであったことから「鉄道が走る城下町の風景」として以前から継続撮影してポスター化したりしていた私にとっては、ここで撮影するのは当たり前のことだった。撮影後、伊予灘ものがたり企画室側へデータ提供したこととFacebookで発表したことがブームを巻き起こすこととなった。写真家としては、こんなに嬉しくて素晴らしい貢献が出来たという勲章をいただいたようなものだ。








<経歴>
1954年 愛媛県松山市生まれ 大洲市在住
1973年 愛媛県立大洲高等学校 卒業
1977年 九州産業大学商学部 卒業  愛媛トヨペット株式会社入社
1992年 自動車販売会社数社を経て独立開業
2000年 町の情報発信サイト「おおず街なか再生館」制作・公開
2002年 大洲市まちづくり会社設立に参画、
2002年 株式会社おおず街なか再生館 取締役統括部長に就任
2002年 写真を生かした観光まちづく方向性を打ち出し、活動を開始する。
2005年 同社代表取締役専務に就任
     平成17年度経済産業省サービス産業創出事業「電源地域活性化先導モデル事業」を受託
     「着地型ツアーエージェントによる地域資源プロデュース事業」として関係機関とともに実施。
2006年 この年以降、国及び愛媛県、大洲市からの受託事業をプロデュースし、観光集客基盤造成に携わる。


※最近の制作物&発行物情報
 大洲市の観光ポスター(うかい)、観光パンフレット各種
 大洲黎明の禅寺如法寺(発行:大洲市)写真撮影担当
 肱川からの贈り物『ふるさと大洲歴史物語』大洲市中学生版歴史副読本(発行:大洲市教育委員会)写真提供
 肱川あらしガイドブック(発行:大洲市)写真撮影担当
 水郷の数寄屋臥龍山荘(発行:大洲市)写真撮影担当
 JR四国「伊予灘ものがたり」のメインポスター写真撮影担当
 一宮グループ75年記念誌表紙&プロローグ写真の撮影を担当
 第2次大洲市総合計画「きらめくおおず」の表紙写真を担当
 大洲のうかい60年記念ポスター及び関係パンフレットなどの写真を担当
 


※現職(平成29年7月1日現在)
 街づくり写真家&観光プロデューサー
 おおず街づくり写真工房 主宰
 株式会社おおず街なか再生館(大洲市まちづくり会社)代表取締役専務
 日本風景写真家協会 会員
 SONY Imaging PRO SUPPORT Member


 ※講演、視察研修、観光まちづくり、写真撮影に関するご相談は下記へご連絡ください。
  株式会社おおず街なか再生館(大洲市まちづくり会社)
  担当:稲田衣里子(総務経理)、森本 梓 Tel.0893-24-7060
  〒795-0012愛媛県大洲市大洲649番地1